日時・場所

日時
2016年11月14日(月)
午後13:30開会(会場13:00~)
場所
ホテル ブエナビスタ バンケット グランデ3F
主催
文部科学省「気候変動適応技術社会実装プログラム」
後援
長野県
申し込みフォーム

概要

 文部科学省「気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT)」の公開シンポジウムについてお知らせいたします。

 SI-CATでは、気候変動対応策の検討・策定に貢献する信頼性の高い近未来の気候変動予測技術とともに気候変動影響に対する適応策の効果の評価を可能とする技術を開発し、気候変動に伴って増加する極端気象現象(猛暑や豪雨)等への地域特性に応じた適応策の導入を支援します。

 今回、SI-CATのモデル自治体であり、適応策への取組について先行する長野県において公開シンポジウムを開催し、地域からの緩和策に向けた行動や、気候変動の長野県への影響と適応、長野県の適応策への取組み等、国内外の取組もあわせて紹介します。(別紙プログラム参照)シンポジウムの後半にはパネルディスカッションも予定しておりますので、ぜひご参加ください。

申し込みフォーム

プログラム

司会:気象キャスター
菊池 真以(気象キャスター、NHKニュース7(土・日・祝日)担当)
13:30
開会挨拶
(文部科学省及び長野県)
13:45
講演1「シンポジウのム全体概要」
   木村 富士男(SI-CATプログラムディレクター/筑波大学名誉教授)
14:15
講演2「温暖化と緩和策 -地域からの行動-」
   森 俊介(科学技術振興機構 低炭素社会戦略センター上席研究員/東京理科大学教授)
講演3「気候変動の長野への影響とその適応にむけて」
   石川 洋一(海洋研究開発機構 気候変動適応技術開発プロジェクトチーム プロジェクト長)
14:55
休憩(15分)
15:10
講演4「国内外諸都市における気候変動適応策の動向
   ~人々の実感を踏まえた総合的な政策立案に向けて~」
   馬場 健司(法政大学 地域研究センター 客員教授/東京都市大学教授)
15:30
講演5「長野県の適応策への取組」
   古川 浩(長野県 環境エネルギー課 課長)
15:50
パネルディスカッション
木村 富士男(SI-CATプログラムディレクター/筑波大学名誉教授)
田代 大輔(気象キャスター、元NHKニュースおはよう日本担当)
馬場 健司(法政大学 地域研究センター 客員教授/東京都市大学教授)
石川 洋一(海洋研究開発機構 気候変動適応技術開発プロジェクトチーム プロジェクト長)
浜田 崇(長野県環境保全研究所 自然環境部温暖化対策班)
16:25
閉会挨拶

※本プログラムは予告なく変更される可能性があります。

お問い合わせ

r-sympo@restec.or.jp